fc2ブログ

床屋さんの思い出!!

MKさんから、
「嫁達は、直ぐに美容院を替えたがります。
床屋さんは、よほどの事が無い限り変えませんね」と。

全く同感です。
単身中も、よっぽどのことが無い限り、
帰省の折、行き付けの床屋で済ませました。

それでも偶に必要に迫られ単身先で・・・
大田区大森は床屋さんの多い地区でした。

会社の帰りマンションまでの道すがら、
道の両側に4~5店あったでしょうか・・・
最初に選んで入店は凄く勇気が要ります。

椅子に座って「どのように・・・?」
髪如きを気にする小心者と思われたくなく、
余り注文を付けられずに表現にも苦労します。

「まあ、そこは適当に・・・」等と鷹揚に構えますが、
仕上がりは凄く気になり緊張しながら鏡を見つめます。

「そこは違う、こういう風に・・・」の勇気(言う気)がありません。

お金を払って一人マンションの一室で、
「チョット違うんだよな~」(/_;)
幾度も鏡を見ながら(^^ゞ

翌日、誰も気にする人はいませんけど・・・
初めての床屋はメチャ緊張します。

床屋の浮気は出来ません(笑)



本日:RunQ
Saxオヤスミ
残業1:50(^^ゞ

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 共感

ホント御無沙汰です。
カナちゃんからも聞いていましたが、
遠く沖縄から、このblog見てくれているとはお世辞でも嬉しいです。

カナちゃんが喜ぶから、公開でまたコメントくださいネ(*^_^*)

PS.
川尻先生
パッと目に見たら、こっちの方が速いと(・┰・)
走ったら全く敵いませんわ(笑)



プロフィール

※Run太郎※

Author:※Run太郎※
鼻っ柱が強く負けず嫌い。
アラ還になってもサブスリーを夢見ていたRun太郎もいつの間にかアラ古希(^^ゞ

最新記事
最新コメント
にほんブログ村
人気ブログランキング
ブログ村読者登録
Run太郎が走る!! - にほんブログ村
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR