fc2ブログ

大家族が羨ましい!!

穏やかな朝夕は通勤ウォークが楽でした。

朝、ジテ通のまこっちゃんに声を掛けられました。
かれこれ一年以上会っていません。

「最近、走っているかい?」
「6人目の子供が生まれ、メチャ忙しくて・・・」と。

君はエライ!!
こんな賑やかな家庭が昔は普通でした。
不謹慎かもですが、今では表彰ものです(*^_^*)


昔は「七人の孫」1964年
森繁久彌(当時、未だ50歳そこそこでした)扮する明治生まれの祖父を 中心に、大正生まれの父母(大坂志郎、加藤治子)、七人の孫(高橋幸治、松山英太郎、 いしだあゆみ、島かおり、勝呂誉、長谷川哲夫、田島和子)の織りなす大家族ホーム ドラマ
※悠木千帆=樹木希林がお手伝いさんでデビューでした。


「ただいま11人」1964年
山村聰(東大卒、いつかはクラウンで重厚な役柄でした)
荒木道子(荒木一郎のお母さんです。加藤治子と共に母親役の定番でした) 夫婦に、息子2人・娘7人という大家族構成で、合せて只今11人の早乙女家と、そこに出入りする賑やかなおばさん(乙羽信子=「ちょっと来てママ」の100万$のエクボ=新藤兼人の奥さん)を 中心に、 理想的な日本の家族像を活写するホームドラマの代表作。 その子供達の 顔触れは、長女池内淳子、 次女 渡辺美佐子、三女中原ひとみ、四女丘さとみ(→ 大空真弓)、長男山本 圭、五女松尾嘉代、六女田村寿子、 七女沢田雅美・・・

今じゃ、こんなドラマは成立しないもんね(^^ゞ


20180116体重計

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

※Run太郎※

Author:※Run太郎※
鼻っ柱が強く負けず嫌い。
アラ還になってもサブスリーを夢見ていたRun太郎もいつの間にかアラ古希(^^ゞ

最新記事
最新コメント
にほんブログ村
人気ブログランキング
ブログ村読者登録
Run太郎が走る!! - にほんブログ村
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR