fc2ブログ

あれから8年!!

Run太郎は社有車で移動中の為、
揺れには気付かずラジオで知りました。
その何年か前、スマトラ沖の大津波を映像で見ましたが、他所の国のことと信じ切っていました。


鈴鹿中央総合病院で15:30、Dr.に会う約束でした。
用件を忘れ、そのDr.と総合ロビーのTV画面を見入っていたのを思い出します。



1週間後からの雑記です。

長いだけですがすべて当時の思いです。

直後から15日単位で地震保険対応の出張が始まりました。
木曜日に現地に入り翌日から土日を含めて2週間後の金曜日の夜遅くに帰還です。


土日返上の出張は7月初旬まで続きました。
当初、福島は危険地域ということで組合との合意が出来ていません。

管理職が自ら率先垂範名乗りを上げての福島出張です。

福島市は現在人口約29万、福島県の人口は200万余で、各々三重県よりチョット大きいだけですが、明治時代は養蚕で繁栄したそうです。明治時代に東北で初めて日本銀行の支店が出来たのも福島です。


旧支店長宅が都市公園として市の所有となっています。
日銀支店長と言えば、東北では相当の名士なんでしょうね。

阿武隈川沿いに建つ広い邸宅と庭園は見事で、10数年前までは実際に支店長が在宅していたらしいです。・・・スっごい古い建物で、風情は有りますが、絶対に住み辛いですね。


そんな銀行通りの一角にある会社を拠点にタクシーで被災者を訪ねます。


鞄にはカメラ、メジャー、傾斜計・・・査定道具一色の他、線量計も忍ばせます。


福島は還暦を前にして初めてでしたが、
暖かい人柄でお酒も美味い本当に良い土地でした。
自ら被災しながら、浪江地区の親戚家族を迎えた大家族の家もありました。


そんな甚大な被害をよそに、Run太郎達を温かく迎えてくれ、お金の絡んだ保険査定にも嫌な思いは全くありません。


結局2回目以降、行先は自ら希望し、福島へ3回都合45日間の出張でした。


そんな中、夜も遅く疲れ果てホテルに帰る途中、スーパーで残り物の弁当とビールを購入。意を決し着替えて近くの歩道でシャトルランを1時間ほどしてから入浴、食事が日課でした。つるんで酒は飲むな・・・等、当初は飲食店を圧迫するようなお達しも有った頃でした。直接ではありませんが・・・「こんな時期に、ランニングをするとは不謹慎!!」との声が、ある筋に上がったそうです。


こういう未曾有の災害があると、事なかれ主義が蔓延し、過度に反応・・・逆に被災地の元気を奪うようなことが、往々にして起こります。。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

※Run太郎※

Author:※Run太郎※
鼻っ柱が強く負けず嫌い。
アラ還になってもサブスリーを夢見ていたRun太郎もいつの間にかアラ古希(^^ゞ

最新記事
最新コメント
にほんブログ村
人気ブログランキング
ブログ村読者登録
Run太郎が走る!! - にほんブログ村
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR