fc2ブログ

シューズは○足は×!!

アシックスGEL-NIMBUS21を履きました。
1ヶ月ぶりのサオリーナはWalkです。
シューズはピッタシでした(*^_^*)

ラン再開は6/2(日)の予定です。
果たしてどうかな?微妙(*_*)




「オノマトペ」
この名詞を初めて知りました。
これ自体は擬音語や擬態語のことです。



20190528SS00002.png



ラジオでオノマトペ研究家・藤野良孝さんの話を聞きました。


声の魔法オノマトペ

Run太郎のハートにガビ~ンと響きました(*^_^*)

Run太郎の元気が出るオノマトペは?
今は多分あれかな~?(・┰・)?

ここに掲載出来るスマートなオノマトペを思案中です(^^ゞ


オノマトペⅠ


オノマトペⅡ


https://www.kumon.ne.jp/kumonnow/special/036_1/

https://www.kumon.ne.jp/kumonnow/special/036_2/3/


上記サイトによればオノマトペの主旨は・・・


オノマトペは声に出すことで、心と体にプラスの作用を及ぼすことがわかってきた。


そもそもオノマトペに興味をもつようになったのは、小学生のころ。「グッ」「サー」など擬音語、擬態語を多用する長嶋茂雄さんの指導法を知ってからです。本当に選手に伝わっているのか疑問でしたが、「ビューっと来たらバシンと打て」と指導された選手が直後に活躍したという伝説もあり、その効果を調べたいと思ったのです。


スポーツでは「グッ」と発した時に力が入るけれど、「ニャー」では力が入らない。イメージに合わない音だと効果が見込めないことが実験でわかっています。


実験とはたとえばオノマトペを発声して、動きの速度や筋電の量など行動を測定し、この音韻はこの動きに効く、声の高さはこの時に一番力が出る、ということを量的な見地から解析します。


ほめる時は「すごいね!」ではなく、「ほーっすごいね!」と、「ほーっ」をつけると、その深い息の勢いで思いっきりほめられます。「やった!」も「わーっ、やった!」と、一語添えるだけで伝わり方が全然違います。身振りなどの動きもつけるとなおいいですね。






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

※Run太郎※

Author:※Run太郎※
鼻っ柱が強く負けず嫌い。
アラ還になってもサブスリーを夢見ていたRun太郎もいつの間にかアラ古希(^^ゞ

最新記事
最新コメント
にほんブログ村
人気ブログランキング
ブログ村読者登録
Run太郎が走る!! - にほんブログ村
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR