fc2ブログ

続:桃色シューズ考!!

喉が痛く口の中はカラカラ・・・
今朝も風の音に負けRunQ継続です。



昨日の桃色シューズの続きです。
フィジカル、メンタル、グッズ、環境等、多方面の向上により記録は伸びます。


その昔、陸上シューズは布製のゴム底でした。


今回、画期的な技術で記録が一気に伸びたから問題となっていますが、10年20年の長いスパンで見れば、この位の進歩はしていたと思います。


マラソンはシューズだけです。
市販品なら3万円程度で手に入ります
他の競技の多額の金を掛けた技術サポートに比べればと思う所以です。



Wikipediaでの棒高跳びの記述ですご参考まで。

ルール上、ポールの長さ、太さ、材質などに制限はない。


ポールの材質
初期の頃は木製ポールが使われていたが、弾力性に乏しく記録の大幅な向上は見られなかった。


その後、柔軟性を確保できる竹製が普及し、竹が簡単に手に入る日本では1936年ベルリンオリンピックでメダルを獲得した西田修平・大江季雄をはじめ、トップレベルの選手を輩出するなど棒高跳びが盛んになった。1988年ソウルオリンピックまでは、当時の10種競技のトップレベルの選手であるデイリー・トンプソンも竹製を使用していた。


その後も材質の変遷は進み、金属製を経て、現在はガラス繊維強化プラスチック製や炭素繊維強化プラスチック製のポールが使われ、記録も大幅に伸びるようになった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

※Run太郎※

Author:※Run太郎※
鼻っ柱が強く負けず嫌い。
アラ還になってもサブスリーを夢見ていたRun太郎もいつの間にかアラ古希(^^ゞ

最新記事
最新コメント
にほんブログ村
人気ブログランキング
ブログ村読者登録
Run太郎が走る!! - にほんブログ村
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR