fc2ブログ

ワラーチ!!

20200530あじよし



昨日は男の料理はオヤスミです。
月1恒例「あじよしさん」でした(*^_^*)
特別定額給付金の使い道が浮かびません有難いことです。





昨日はワラーチが話題になりました。
日本の草鞋(ワラジ)と良く似ていますが語源は不明です。




20160827Born to Run




Netには、
南米メキシコ山岳民族タラウマラ・インディアンが日常から履いているサンダルをワラーチといいます。 古タイヤを切り、革紐で足に固定した履物です。 彼らはランニングの練習をしなくとも、マラソンレースに出場し、高機能シューズを履くランナーを抑え、ワラーチで走り上位を独占するほど。 走る民族(ララムリ)と呼ばれています。裸足で長距離を走りぬく民族「タラウマラ族」を題材としたクリストファー・マクデゥーガル著「Born To Run」の全米ベストセラーを受け、欧米のべアフットランニングブームの火付け役となったようですと。




20200531SS00001.png





裸足感覚で故障しにくい走り方を身に着けることが出来ると言われ、近年フルマラソンやウルトラマラソンでも必ず見掛けます。



サロマでも見掛けました。
その方は「私が作るワラーチの材料は全て百均で揃います。ビーチサンダル100円、靴紐100円合計200円」と豪語。予備を2~3個腰にぶら下げていらっしゃいました。



いきなり始める方は稀でしょうし結構速い方ばかりです。
時にFb等で呼び掛けたらしく、ワラーチの集団に遭遇したことも数回あります。



仮装ランナーに抜かれるのは癪ですが・・・颯爽と走るワラーチランナーに抜かれるのはまあ良いかと(^^ゞ



Run太郎?・・・ナイキの厚底ワラーチが出たら考えます(笑)




ワラーチを履いてランニングするメリットとデメリット


コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
私も読みましたよ。
走り方とか理論とかは変化していて迷いますね。
私は「ゆっくり走れば速くなる」は実践しました。
ワラーチ履いて走られている方いらっしゃるのですね。
昔は飛脚も草鞋で走っていたのでしょうし。
言葉の響きも似ていますね。
「陸王」ブームで足袋のかたは見かけましたし
玉名市のふるさと納税の返礼品は「金栗足袋」だったような?
少しでも速くなりたい❗
そんな時期があったことを思い出しました。

torさんへ!!

おはようございます(*^_^*)

「Born to Run」は最後まで読み切れず若い走り仲間に回しました(^^ゞ
予備知識も無く余り興味が湧かなかったのが理由です。

ワラーチを実際に目にするようになったのはそれから暫くしてからでした。

確かにその頃は、少しでも早くなりたい!と高価なアミノ酸とかに無駄なお金を使ってましたね(^^ゞ
プロフィール

※Run太郎※

Author:※Run太郎※
鼻っ柱が強く負けず嫌い。
アラ還になってもサブスリーを夢見ていたRun太郎もいつの間にかアラ古希(^^ゞ

最新記事
最新コメント
にほんブログ村
人気ブログランキング
ブログ村読者登録
Run太郎が走る!! - にほんブログ村
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR